主婦な自分を楽しむブログ「あさこのゆ」について
家事のこと

シーツの交換が面倒な人はベルメゾンのボックスシーツ型敷きパッドを使うべし

ニトリ マイクロファイバー枕カバー

主婦で母なわたしですが、正直言うと常に「あ~、家事面倒だわ~」と思って暮らしています。

それでも、一応わたしが家事をしないと回らないのでそれなりに頑張ってはいるんですが、どうしても好きになれない、いや、大キライな家事があります。

それは、ベッドカバーとシーツの交換です!!

ベッドだと、敷布団カバーを替えて、シーツを替えて、ベッドパッドを替えて・・・それはもう面倒な作業です。

ですが、この作業工程を一つ減らせるアイテムをインスタで知り、ちょこ~っとだけかもしれませんが、負担が減った気がしたのでシェアします。

そんなアイテム、「ベルメゾン ボックスシーツ型敷きパッド」をご紹介します。

ベルメゾンネットでボックスシーツ型敷きパッドをチェックする

ベルメゾンネットベルメゾンネット

ベルメゾン ボックスシーツ型敷きパッドはベッドパッドとボックスシーツが一体化した便利アイテム

通常、ベッドマットレスにベッドパッドを引っ掛けてその上からボックスシーツをかけますよね。

この「ベルメゾン ボックスシーツ型敷きパッド」は、ベッドパッドとボックスシーツが一体化したベッド用シーツです。

なので、ベッドパッドとボックスシーツを別々に掛ける必要もなく交換のときに手間が省けて時短になりますし、モノも減らせてクローゼット内の省スペースにも。

わたしが使っているのは先染め綿100%のボックスシーツ型敷きパッドです。

↓我が家のベッドルーム(笑)

価格はダブルベッド用が¥3,890で、ちょうど寝る面が通常のシーツよりも厚手になっています。

ベッドパッド+シーツに比べると薄めなので、めちゃくちゃ汗かきとか、そんなんでしたらベッドパッド+シーツのほうがいいかもしれませんが、通常考えられる範囲内での汗かきであればパッド一体型ベッド用シーツで十分です。

わたしは約3か月ほど使用していますがベッドのマットレス自体も特に汚れていません。

うちが使っているのはパッド一体型ベッド用シーツのなかでも安いものですが、もっと上質なものがよければ1万円近いものもありますし、夏場にピッタリな綿混素材のさらしゃりボックスシーツ型敷きパッドなんかもありますよ。

ベルメゾンネットでボックスシーツ型敷きパッドをチェックする

おまけ 掛け布団カバーを買うときは、紐タイプではなくボタンタイプのほうが格段に簡単!!

と、ここまでシーツ交換の手間について書いてきましたが、掛け布団カバーを替えるのも大概しんどいです。面倒すぎます。

でも、この前何気なく買ったニトリの掛け布団カバーの留める部分がボタンになっていて、それはもう簡単で、これまで使っていた紐タイプの半分の時間で交換できました。

これです↓

ニトリ マイクロファイバー掛け布団カバー

なので、今後、掛け布団カバーを買うときはボタンタイプのカバーを買うことをオススメします!

ではでは。

ベルメゾンネットでボックスシーツ型敷きパッドをチェックする

ベルメゾンネットベルメゾンネット