主婦な自分を楽しむブログ「あさこのゆ」について
妊娠出産記録

帝王切開は産後が大変なのにラクらしいと言われる出産マウンティング

フリー素材

娘の病院帰り、たまたま知人に会いました。わたしより5歳くらい、年上の女性です。

その人はわたしが出産したことを知らなかったので、子どもを連れていることに驚いたようで、いろいろ出産の経緯をお話することに。
その流れで娘を帝王切開で出産したことをお話しました。

すると

「帝王切開か~、残念だったね」

と。
まあ正直わたし自身、こういう反応には慣れたものです。

そんな、帝王切開についてのお話。

理想の出産=自然(経膣)分娩?帝王切開に関する悪意のない言葉

わたしは予定日前に前期破水で入院、陣痛促進剤を使ってもお産が進まず、入院から4日目に帝王切開で娘を出産しました

あわせて読みたい
帝王切開の出産レポ!予定日前に前期破水。やっと産まれた愛しい娘!一年と少し前、娘を帝王切開で出産しました。 あんなにスペシャルな出来事だったのに、日々過ごしているうちに薄れつつあるあの記憶。 ...

もともと自然分娩にこだわりはなく、陣痛が進んだら麻酔を入れて和痛分娩での出産を希望。

朝子
朝子
万が一、帝王切開になっても、それはそれでいいやとも思っていました!

破水から4日目の朝に先生から帝王切開の提案をされた際、わたしはすぐに帝王切開して欲しいと伝えました。

手術は怖かったけど、無事に娘を出産できて、今でも帝王切開で出産したことに、全く引け目も後悔はありません

なので、産後、無事に帝王切開で娘を出産したことを伝えたときの周囲の反応に驚きました。

「え!?帝王切開になっちゃたの?朝子も赤ちゃんもかわいそう…」
「自然分娩、経験して欲しかったわ~」
「あの痛みが分からないなんて、ラッキーだよ」

・・・は!?

朝子
朝子
まあ、陣痛促進剤はやったから、陣痛の痛みは少しはわかったかな・・・。

「ああ、それならいいけど」

・・・はあ!?

たまにいるんですよ。
陣痛の痛みを乗り越えてこそ、正規のお産だみたいな。

わたしはもともと和痛を希望していたし、無痛の選択肢があればそうしてました。
陣痛の痛みなんて、別に経験しないでいいのならしなくていいと思っています。

 

なのに、「陣痛の痛み経験しないと出産じゃない」説。

これ、ビックリすることに、本気で思ってる人がいるんですよ。

 

そして、陣痛を経験しないから帝王切開=ラクみたいなイメージを持つ人もたくさんいます。

現に、友人に「第2子は帝王切開がいいな~」なんて、フツーに言われましたから。
そんなこと言う人じゃないと思ってたので、またまたビックリでした。

わたしの場合、もし第2子を妊娠したとしても出産は帝王切開だと決まっていて、そのことに対してもネガティブな言葉を掛けられることがあります。

そのたびに

朝子
朝子
どっちで産みたいとかないから、別に帝王切開でもいいと思ってるけど~

 

と反論すると、

「本当は自然分娩で生みたかったでしょ?」

と、ごくごく当然のように言われるのです。。。

 

帝王切開は産後が大変?どのお産もみんな命がけ

とはいえ、帝王切開では麻酔も使いますし、手術で出血が止まらなくて・・・などのリスクが高くなるのは事実。

そういう意味では、自然にスポン!と産まれたほうがいいに決まってます。

でも、どちらも立派なお産で、要は「行こうとしていた目的地は同じで、それを駅前から行こうと思ってたけど通行止めだったから畑の方から行った」くらいのもんです。

どんなに若くて適度な運動をしていても、帝王切開になることはあるし、逆に体重が増加しまくっていて高齢でも短時間でスポンと生まれるかもしれない。もうこの辺は運みたいなところもあるでしょう。

自然分娩はたしかに陣痛に苦しむかもしれないけど、帝王切開の手術ははっきり言ってマジで怖かったです。
術後、麻酔がなくなってからは、傷周辺の燃えるような激しい痛みに苦しみました。

朝子
朝子
実際、お腹の皮膚と、子宮自体を切ってるので当たり前ですが。

そして、よく自然分娩は後がラクとか言われますが、友人を見ていると尿漏れや、会陰切開の縫い目の違和感など、しばらくおまたトラブルに悩まされていたりするので、自然分娩も大変だなと思いますし、帝王切開で出来た傷を触られると今でも飛び上がりそうになるので、やっぱり帝王切開も決してラクではないなあと実感します。

どっちがラクなお産で、どっちがいいお産、ということはないんですよね。

出産マウンティング、もう止めにしましょう

と、いうことで、「出産方法でマウンティングするの、もう止めましょう」

勝手に、帝王切開かわいそうという呪いをかけるのも、やめて欲しいです。

大切なのは、母体と赤ちゃんが元気で出産を終えられたこと。
それ以外に何もありません。

ツイッターでフォロワーさんが言っていましたが、母乳とミルク論争にもちょっと似てますよね。

でも、それも含めてどちらも赤ちゃんが元気だったら、お母さんが元気でいられるなら、どっちだっていいじゃないと思います。

もし、自分がどこかで「帝王切開や無痛分娩は良くないことなんじゃないか」とか、「下から産まないと正しいお産じゃないんじゃないか」とか、そんなことを思っていたなら、もうそんなふうに考えるのは止めて、赤ちゃんが元気に産まれてくることだけ考えましょう

わたしは帝王切開でこんなにカワイイ娘を産めたこと、自分でかしたぞ!と、今でも心から誇りに思ってます。

今日のわたしのツイートに反応してくださった皆さん、ありがとうございます。

あわせて読みたい
赤ちゃんが犬のぬいぐるみとこちらを見ている
ミルク育児のメリットとデメリットをまとめました!意外といい所、たくさんあります。「赤ちゃんが生まれたら、母乳でそだてるもの」 まるで当たり前のようにこんなことを言われる産後間もない母親。 正直、これまで母乳や...