主婦な自分を楽しむブログ「あさこのゆ」について
子連れお出かけ

定山渓グランドホテル瑞苑は子連れに優しい!?紅葉シーズンにもオススメ

瑞苑トップ

先月、定山渓に行ってきました!

娘と一緒に温泉宿に泊まったのは今回で3回目。

今回の宿泊場所は定山渓グランドホテル瑞苑です。

(ちなみに、1回目は定山渓温泉 定山渓ビューホテル、2回目は運河の宿 小樽 ふる川です。いつかブログに書きたいと思ってます!)

正直なところ、ちょっと古いしどうなの?と思っていた瑞苑ですが、実際に泊まってみるとここまで子連れに優しく、リーズナブルなのに満足できるなんて!と驚きました。

朝子
朝子
それでは、瑞苑子連れ宿泊レポの始まり~!

定山渓温泉は札幌市民の癒しの場

まずは簡単に定山渓温泉の紹介を。

定山渓温泉は、札幌の奥座敷とよばれている温泉地。
札幌の中心部から車で50分程度で、バスも出ているのでアクセスもいいです。

札幌からなら気軽に行けるので、冬場や小さい子連れ・妊婦さんなど、遠出が難しいときのリフレッシュにはうってつけの場所

河童伝説でも有名な定山渓温泉は、定期的に四季に合わせたイベントも開催されていて日帰りで行っても十分に楽しいです(各旅館の日帰り温泉もオススメ!)。

2017年10月22日までは定山渓ネイチャールミナリエという、公園の中で行うプロジェクションマッピングやライティングのイベントを開催しています。※追記:平成30年は6月1日(金 )~10月21日(日)の毎日

あわせて読みたい
ネイチャールミナリエ橋
定山渓ネイチャールミナリエに行ってみた!無料駐車場もありますよ。先日、定山渓ネイチャールミナリエに行ってきました! 想像以上に良かったので、ちょこっと紹介します。 ちなみに写真はiPhon...

子連れ温泉は宿選びがキモ!

出産前は大人がゆったり静かに過ごすことができる温泉が好みだったわたしですが、子どもが産まれてからは宿選びの視点が180度変わりました。

娘が産まれてからはとにかく、宿が全面的に

「子連れOK!なんならウェルカム!!」

くらいに言ってくれるところにしています。

やっぱり子どもがいるとガチャガチャしちゃいますので。。。
また、まだオムツが取れていない子を温泉に入れることに難色を示す方もいて(理解できます)・・・そんな中でリラックスなんてできないですよね。

なので、いつも温泉宿を探すときは必ずじゃらんだけでなく、宿泊先の公式HPを見て、子連れOKな雰囲気かどうかを判別しています。

たとえば、キッズスペースがあったり、子連れ(赤ちゃん連れ)プランがあったりすれば、あ、この宿は子連れOKだな、それなら行ける!って。

そんなことを思いながら探していたところ、瑞苑のホームページに目がとまりました。

定山渓グランドホテル瑞苑を選んだのは子連れ歓迎感があったから

瑞苑トップ
わたしが今回、定山渓グランドホテル瑞苑(以下、瑞苑)を選んだ理由は、瑞苑の公式ホームページです。

定山渓グランドホテル瑞苑

公式HPの右下に、「赤ちゃんと温泉に行こう!パパママ応援!」っていう表記があって、専用のページを開けるんですよね。

そこには子連れには嬉しいサービスがたくさん紹介されています。

  • ひろ~いキッズスペース
  • ベビーバス・バスチェアの用意
  • 使い捨てスタイ・フードカッター・お子さま用食器の貸し出し
  • 遊具がたくさんのちびっこプール
  • お部屋で借りれるおむつ用ごみ箱・ベビーチェア

なんかもう、ここまでハッキリ定山渓グランドホテル瑞苑は子連れウェルカムですよ〜!!感を前面に押し出してくれると、非常に行きやすい。

しかも、宿泊代はサイフに優し過ぎる値段(平日なら一人1万円いかない)。

朝子
朝子
こりゃ温泉好きの母ちゃんとしては、行くしかない!!!

となったわけです。

あとは今回の旅の目的であるネイチャールミナリエが上から見える部屋があるってことで、渓谷側のお部屋を予約しました。

 

瑞苑はこんな宿だった!

古いと思ってたけど…?

わたしも瑞苑に泊まるのは、今回これが初めてです。

実は、もともとあまり瑞苑にいいイメージをもっていませんでした。建物も古くて料理も物足りなさそう…と思ってたんです。

でも、いざ泊まってみると

施設自体は古いけど、手入れ・掃除は行き届いてキレイでした!

部屋の畳も新しいものに取り替えられていて、ロビーや食事会場、お風呂も清潔感があります。

施設自体は、古い所と新しい所(リフォームなどにより)が混在している感じです。

こちらはロビー。
瑞苑ロビー

同時期に建てられたのか、なんとなく定山渓ビューホテルと似ています。
どーでもいいと思いつつ、個人的に気になったのはこちら

瑞苑壺1

つぼ
瑞苑の壺②

壺!
ビューホテルにも、それはそれは大きな壺がよく置いてありましたが…きっと当時は流行ったんでしょうね。

料理が美味しい

今回わたしは夕食&朝食バイキングのプランでした。

娘を抱っこしていたのでほとんど写真が撮れなかったのですが、バイキング会場はとても広く、料理の種類も豊富です。
瑞苑レストラン

ちなみにわたしが一番美味しいと思ったのはコレ。とろける。
瑞苑バイキング

全体的な印象ですが、肉系のおかずが充実していました。
デザートも含めて、とにかくたくさん種類があります。
ただ、一点だけいうと海鮮系が少なかったです。

バイキングというと、結構当たり外れがあったりしますよね。
朝食もたくさんの美味しいお料理が出ていたので、瑞苑のバイキングは当たりです(笑)

また、瑞苑はバイキングだけでなく、プランによっては和食のコース料理も選べます。

温泉が最高!!

冷え症のわたしにとって、これが一番の目的です。

広々とした温泉で、じっくり身体の芯から温まりたい。

瑞苑の露天風呂はとても広くていいよ~っていうのは人づてに聞いていました。
実際に行ってみると・・・

朝子
朝子
ひろくて気持ちいい~~~!!


(画像は公式サイトからお借りしました)

そして、洗い場も十分に数がありますし、サウナも併設されています。

あと、妙に感心してしまったのが、温泉内に一人、係の女性がいて、外国人観光客に温泉の入り方などをレクチャーしていたことです。

その女性は脱衣所などにゴミが落ちていたら即座にそれらを掃除し、常に清潔さが保たれるようにもしていました。

温泉がキレイで清潔ってとても重要ですし、文化の違いでお互いがイヤな思いをしないように旅館側が配慮しているっていうのもポイント高かったです。

定山渓グランドホテル瑞苑の子連れで楽しめるポイント

さて、子連れで楽しむ気満々で瑞苑を選んだわたし。

早速ホームページに載っていたキッズスペースを探します。ロビーの奥まで行ってみると・・・

ありました!!
瑞苑キッズスペース

絵本のほかにもキッズ用キッチンやオモチャがたくさん。あと、とても広いです。

多少騒がしくしても大丈夫な感じ。
瑞苑キッズスペース②

娘も楽しそうにオモチャの包丁で野菜を切っていました。

ほかにも、瑞苑って本当に子連れに優しいな~とたびたび思う場面がちらほら

たとえば、ご飯のとき。
バイキング会場はテーブル席がほとんどなのですが、子連れということで、端にある広々としたソファ席に通して頂きました!助かった!
瑞苑レストラン席

ほかにも、前述した子ども用食器やベビー用椅子、温泉ではバスチェアの貸し出しなどを旅館側から「こちら~ありますけど、どうですか?」と積極的に提案して下さり、とてもありがたかったです。

あと、わたしは行けなかったのですがプールもあるので、体力を持て余した子どもがいても大丈夫です。多分。

あわせて読みたい
定山渓温泉 森の謌は子連れ・犬連れでも楽しく美味しいリゾートスパ我が家では毎年、年度末に「今年1年よく頑張りましたー!!」と、道内の温泉に泊まります。 去年は運河の宿 小樽 ふる川へ。 今年は...

結論!定山渓グランドホテル瑞苑は大人も子連れも楽しめる

瑞苑は、子連れも多かったですが、同じくらい大人のグループもたくさんいました。

ここでは紹介できなかった、大人が楽しめる施設も充実しています。
小腹が空いたときに550円でラーメンが食べられる「こばら亭」や、卓球・カラオケ・麻雀が楽しめる「ぽんぽん横丁」、リラクゼーションスパなど、今度は女友達だけで来たいくらい。(朝まで喋り倒すだろうな 笑)

と、いうわけで少し長くなりましたが定山渓グランドホテル瑞苑の子連れ宿泊レポでした!
やっぱり温泉楽し~って思ったので、また近々どこかに行ってみたいと思います。