主婦な自分を楽しむブログ「あさこのゆ」について
子連れお出かけ

定山渓ビューホテルに子連れで宿泊!部屋のアメニティやラグーンで必要なものなどまとめ

先日、2歳5ヶ月の娘と夫の家族3人で定山渓温泉 定山渓ビューホテルへ宿泊して来ました。

最近まで私がつわりで全く動けず、旅行をキャンセルしたり引きこもりだったりと、娘に申し訳なかったので、安定期に入り娘のリクエスト?である「ぷーゆ(プール)」付きの温泉、かつ自宅から車で1時間以内の定山渓ビューホテルへ行く事に!

とっても楽しめた反面、「これ、持っていけば良かった〜」なものや、「これも用意してあるんだ!」なものがあったので、宿泊した感想&持ち物などをこちらにまとめておきます。





チェックインは14時から可能も、宿泊者は12時から施設利用ができる!

定山渓ビューホテルのチェックインは14時から可能です。

お部屋は利用できませんが、宿泊者は12時からプールと温泉に入れるので、早めに到着しても楽しめますよ。
(その際、フロントで先にチェックインだけ済ませておけば、プール・温泉に使わない荷物は預かり→部屋に届けてくれるそうです。)

定山渓ビューホテルは、定山渓温泉最大の宿泊施設です。

正面入口のまっすぐ先にフロントがあります。

なんか、いちいちバブル感溢れてます。施設自体は古いです。

北海道・・・ぽい?ここで写真を撮る人が多いです。

売店も広く、お土産から飲料、食品、雑貨、衣類まで、商品も豊富です。

館内は、全ての場所でwifiが使えて、スマホでネットを見るときの速度も問題ありませんでした。

お部屋の種類は豊富!でも、アメニティの種類は・・・

定山渓ビューホテルの部屋は和室・洋室・和洋室・特別室(貴賓室)と種類が豊富。

本館と新館があり、新館のほうがゆったりとした造りになっているそうです。

今回、我が家は新館の和洋室を予約しました。12畳の畳に続いてツインのベッドが置いてあり、広さは十分。

娘も着いた瞬間からはしゃいでいました。

(すーぐモノを散らかす我が家)

やっぱりバブリーな内装。

トイレと洗面所、お風呂は別ですが、お風呂は狭めです。

アメニティはこんな感じ。歯ブラシにT字カミソリ、シュシュとシャワーキャップ、リンスインシャンプーとボディソープくらい。あまり充実していませんね。

館内着は浴衣のみ。作務衣はありません。館内は浴衣・スリッパでどこでも行けます。

ここで、「あー、失敗した!」と思ったのは娘用のスリッパを持って来れば良かったということです。

子ども用のスリッパもありましたが、多分幼稚園年長~小学校低学年位の子どもくらいからしか履けない大きさです。

このとき、「クロックスでも持って来たら裸足で脱ぎ履きして館内を歩けたのに~」と思いました。毎回靴下を履かせてスニーカーを履かせるのが手間

また、不便と感じたのが鍵が1本しかないことです。

そして、その鍵をドア付近の電源に刺さないと部屋の電気類がつきません。

最近は鍵は2つ用意されている宿にばかり泊まっていたので、夫と別行動するとき、この点は不便だと感じました。

でも、部屋自体は広いし、寝る場所とくつろぐ場所が別になっているのがとても良かったです。


想像よりも、大満足。本当に子どもも大人も楽しめた!ラグーン利用時の持ちものリスト

今回の旅の最大の目的はこれ。(画像は公式サイトより)

水の王国ラグーンという、プール施設です。

ラグーンの入口は、地下1階に下りてすぐの所にあります。

ラグーンのみを利用する場合は、ここから入ってラグーン内の脱衣所やシャワーを利用という流れになります。

ラグーンで遊んだあと、そのまま大浴場に入る場合は大浴場の脱衣所で水着に着替え→ラグーンで遊ぶ→大浴場の脱衣所で水着類を脱ぐ→大浴場を利用・・・も可能です。

ラグーン入口のすぐ隣にこのような大浴場の入口があるので、そこから大浴場の脱衣所を利用します。

そのまま進むと、大浴場の脱衣所&お風呂の入口にたどり着きます。

見た感じ、ほとんどの人が大浴場の脱衣所で着替えて、ラグーン→大浴場と続けて利用していました。我が家もそうです。

水着に着替えたら、ここからラグーンに入ります。

最初は写真に写っているプールしかないと思っていたのですが、この奥に向かって進むと、メインのプールがあり、波が発生する流れるプール小さい子用の遊び場が充実していました。

ラグーンのメインプールは大浴場の脱衣所を背にして、矢印のほうに向かって歩いて行くとあります。(私はスマホは置いて行ったのでここから先の写真はありません><)

水温はぬるいくらいでした。40度のジャクジーがあるので、寒くなったらそこで暖を取ります。

ちなみに、ラグーンに入ってしまうと、プールサイトやベンチ、ロッカーなど、モノを置く場所がないので、タオルやスマホなどは持ち込まないほうが良さそうです。

朝子
朝子
写真を撮りたい人は、スマホを防水ポーチに入れるといいかも

貴重品は脱衣所にある無料ロッカーに預けましょう。

浮き輪は大人用の浮き輪(大きなシャチとか)はビューホテルのものがその辺に置いてありますので、自由に使えます。

子ども用の浮き輪はないので、必要は人は持ち込みましょう。

うちはプールが深いところは夫が娘を抱っこ、浅いところは子どもでも立っていられたので浮き輪は持っていきませんでした。

あと、床が水で滑りやすくなっています。歩くときは気を付けてくださいね。ウォーターシューズとかサンダルを履いたまま入っている人はいませんでした。

サンダルを履いて来たとしても、脱衣所のスリッパ置き場に置いて行く感じです。

ラグーンを楽しんだあとは、大浴場へ。脱衣所に脱水機があったので利用させてもらいました。

実際に行った感想としては、こんな感じ。期待以上に楽しかったです。

    • 2歳なら全然楽しめる
    • 1歳や赤ちゃんならパパかママがずっこ抱っこして浮かばせて楽しめる
    • 大人だけのグループ、夫婦もたくさんいた。大人だけでも楽しめる。

あと、ラグーンを利用するときの持ちものは以下の4点くらい。

オムツが取れていない子どもは水遊び用オムツの利用が必須です。

  • 水着
  • 水遊び用オムツ
  • 浮き輪
  • タオル

水遊び用オムツは持参するか、フロント横の売店に一枚単位で売ってました。180円位?ちょっとうろ覚えです。

タオルは部屋に1セット用意されているので、基本はそれを持って行きます。

朝子
朝子
でも、ラグーン→大浴場と続けて利用する人は、濡れたタオルで入浴後身体を拭くのが嫌ならプールのあと軽く体を拭くタオルを持参してもいいかも。

定山渓ビューホテルの温泉は露天風呂が広くて快適。選べるシャンプーのサービスや赤ちゃん用のバスチェアもあるよ

定山渓ビューホテルの大浴場は、地下1階と、16階の2箇所です。

ラグーンの隣にある地下1階の大浴場のほうが広くて、個人的にはここの露天風呂がとても気持ちよくて好きです。

屋根がある半分外みたいな岩風呂で、目の前は自然だけ。とても癒されます。

16階のほうは天空露天風呂で、屋根はなく、解放感が味わえます。(画像は公式サイトより)

大浴場に備え付けられているシャンプー、リンス、ボディソープは北海道の温泉でよく見る柿渋馬油ブランドのものが洗い場ごとに設置してあります。

その他に、自分で好きなブランドのシャンプー・リンスを選ぶこともできました。最近、ホテルではよく見かけるサービスですね。

地下、屋上の両方の大浴場でベビー用のバスチェアも複数用意してありました。

プレミアムダイニングのビュッフェは落ち着いた雰囲気。子連れでもゆったりご飯が食べられる。

定山渓ビューホテルのご飯はグランシャリオプレミアムダイニング懐石料理の3種類から選べます。

グランシャリオとプレミアムダイニングはビュッフェ、懐石料理は半個室でコース料理や一品料理を楽しめます。

料金的にはグランシャリオよりプレミアムダイニング・懐石料理が数千円高くなっていて、グランシャリオは外国人観光客をはじめとする団体客の利用も多いです。

我が家の宿泊プランはプレミアムダイニングか懐石料理で選べました。

私はこれまでこちらのホテルには2度宿泊していますが、ゆったりとビュッフェが楽しめるプレミアムダイニングが気に入っているので、我が家は今回もプレミアムダイニングを選びました。

子連れでプレミアムダイニングを利用してもまったく問題はないです。子ども椅子や食器の用意もありますし、子どもが食べられるメニューも用意されています

ただ、元気いっぱい過ぎる系のお子さんがいるなら、グランシャリオの方が気兼ねなく楽しめるかも。

こちらがプレミアムダイニングの入口。

水、ほうじ茶、コーヒー、紅茶は無料。
オレンジジュースなどのジュース類やビールなどのアルコールは有料です。

お料理は和洋中、海鮮、豊富なデザートなど、いろんな種類があり、どれもとても美味しいです。

お寿司は職人さんがその場で握ってくれます。私は食べていませんが、蟹も食べ放題。

夫はステーキが美味しかったみたい(いつも肉ばっかり食べてる)。ただ、米・麺など、主食系が少なかったと言っていました。

ビュッフェと言えば定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌も有名ですが、女性は森の謌のメニューのほうが手が込んでいて好きかも。(お値段も違いますけど…)

定山渓温泉 森の謌は子連れ・犬連れでも楽しく美味しいリゾートスパ我が家では毎年、年度末に「今年1年よく頑張りましたー!!」と、道内の温泉に泊まります。 去年は運河の宿 小樽 ふる川へ。 今年は...

夫いわく、男性はビューホテルのほうがガッツリ系で満足できるとのことです。

こちらが朝食バイキング。

朝から海鮮が食べられます。

まとめ

定山渓ビューホテルは大規模な温泉ホテルとして、施設をセルフサービスで楽しむ場所といった感じで、従業員のきめ細やかなサービスやもてなしはほぼありません

似たようなホテルなら定山渓グランドホテル瑞苑のほうがスタッフのサービスはいいです。

瑞苑トップ
定山渓グランドホテル瑞苑は子連れに優しい!?紅葉シーズンにもオススメ先月、定山渓に行ってきました! 娘と一緒に温泉宿に泊まったのは今回で3回目。 今回の宿泊場所は定山渓グランドホテル瑞苑です。...

ただ、人の賑わいやラグーンや大浴場などの施設はこちらの方が思いっきり遊べて楽しいですね。

またきっとラグーンでのプール遊び目当てで行くと思います。

あわせて読みたい