主婦な自分を楽しむブログ「あさこのゆ」について
妊娠出産記録

帝王切開の出産レポ!予定日前に前期破水。やっと産まれた愛しい娘!

一年と少し前、娘を帝王切開で出産しました。

あんなにスペシャルな出来事だったのに、日々過ごしているうちに薄れつつあるあの記憶。
もしかすると、もうあんな経験はないかもしれない(と考えると切ない)。

せっかくだからと、今回こちらにまとめました。

わたしの出産は前期破水で始まった

おしっこ…じゃない破水だコレ

それは予定日より少し前の日の朝

夫は前日、飲み会で朝4時(アホ!)に帰宅。
わたしは昼夜逆転妊婦だったので、夫が帰宅時まだ起きていて、少しだけ会話をして眠りにつきました。

そして午前10時頃、トイレに起きたわたし。
(小)をして、拭いても、拭いても…ウェッティ。

朝子
朝子
これ、破水かもしれん・・・!!

わたしの場合はジャバーっと出るタイプではなく、チョロチョロとしたたり落ちるタイプで、透明の水に少しだけ血が混じっています。

「お、夫~」と震える声でトイレから夫を呼び、産院に電話した所、すぐに来るように言われて夫と2人で病院へ。

破水したため、即入院・即昼食

病院へ着くやいなや、ベテラン風の助産師さんにあれよあれよと脱がされ、履かされ、着させられ。
あっという間に産褥ショーツを着用した、分娩室所属の妊婦へと変身。

「これ、破水だね。このまま産後まで入院です。」
「あ、ちょうどお昼の時間だから。出産に備えて、しっかり食べて。」
「きっと今日中には陣痛来て出産かな。満月だし。」

と、助産師さんは途中聞き取れないくらいの早口でわたしと夫に言いました。

わたしは夫に「今夜、親になるんだね~」なんてのんきに言いながら、病院食を全部平らげ、そろそろ来るであろう陣痛を待つことに。

破水したのに陣痛が、こない

平常運転なわたし

破水もしたし、すぐにくると思った陣痛。
でも全く陣痛が来る感じもなく、いつもと変わらず平常通り。

ただし、かなり不便です。
大きいお腹にNSTという赤ちゃんの心拍を測る器具をくっつけられ、左腕には点滴。

院内散歩やトイレに行くのは大仕事。
点滴とNSTの2本をガラガラと引っ張りフーフー言いながら移動します。

そうこうしてるうちに15時のおやつを食べ、陣痛が来ないまま夜になり、夫は帰宅。

夜中、同じ分娩ルームの3人の妊婦さんが出産し、赤ちゃんを抱っこさせてくれて、もうすぐ自分の赤ちゃんに会える…!と思うとワクワクしました。

いよいよ!?錠剤タイプの陣痛促進剤をスタート

翌朝、うんともすんとも言わないわたしの身体とお腹の赤ちゃん。

子宮口は2センチくらい。
わたしのお産は全然進んでいません。

朝の診察で、先生から「今日は錠剤タイプの陣痛促進剤(子宮収縮剤)で子宮口を柔らかくして、陣痛を待ちましょう」という説明を受け、錠剤を服用開始です。

陣痛を進めるために、院内を夫と散歩。
三陰交を押したり、スクワットもどきをしたり。

それでも特に変化はなく、夜21時頃にすこ~しだけ、おしりの奥に痛みを感じたものの、まだまだ笑えて余裕たっぷりな夜を過ごしました。

そして、この日の夜も周りの妊婦さんの陣痛・出産ラッシュ。。。

朝子
朝子
わたし以外、みんな産んでる!!(焦)

陣痛促進剤でいきなり陣痛2分間隔

結局、破水後丸2日が経ち、だんだん焦り始めました。

それでも、今日は点滴で陣痛促進剤を入れることになっているから、きっと今日こそ出産できるだろう。

わたしも夫も、先生も助産師さんもみんな、みんなそう思っていました。

陣痛促進剤はかなりヤバい。痛い。

陣痛促進剤の点滴を入れても、最初は全然余裕でした。そして、何故かディスカウントされていた椎名林檎のライブ映像を、スマホにダウンロード。

「これ観ながら陣痛に耐えて子宮口開くの待つか〜」なんて思っていたのも束の間。

やばいこれやばい。

やばいこれやばいやつだ。

キタキタキター

はい、私にも陣痛がきましたよ!
(ただし人工的に)

生理痛の重たすぎる+お尻の穴痛すぎるやつ。
これが1時間もしないうちに2、3分おきにくるのです。

ライブDVDなんて観てる余裕があるはずもなく、ただただ痛みに耐え続けました。
そして、こんな日に限って夫は来られず、一人で陣痛の痛みと闘うわたし

数時間後、わたしは陣痛と陣痛の間の2分ごとに寝る(というか意識ない)スキルを自然に会得します。

陣痛に耐えている間は
「次、痛み引いたら体の向き変えよう」
と思っていたのに、痛みが引いた2分間は気を失ってるため、それができない。

で、陣痛がきたらきたで、今度は痛くて何もできない。
そして、気付けば9時間が経っていました。

子宮口の開きは6センチ。これが10センチまで開かないと分娩できません。
(ちなみに、陣痛来てる間に内診で子宮口の開き確認されるの、あれ痛すぎて死ぬ)

ですが、この時点で陣痛促進剤を始めて9時間が経っているので、これ以上促進剤を使うのは危険と判断され、点滴はストップされました。

先生は「このまま自発的に陣痛が続けば今夜出産だね」と言ってくれたのですが…

嘘でしょ陣痛また止ま…

促進剤を止めてからも、しばらくは陣痛が続いていました。

このまま痛みに耐えて出産まで頑張らなきゃと思っていたら、夫から「今から行く」と連絡が入ります。。

陣痛で痛み苦しむ姿を見せたかったわたし。



ごめん、陣痛止まっちゃった。

そうです。またわたしの陣痛のヤローはこなかった(続かなかった)んです。

これまでの痛みはあくまで促進剤の力。ほとんどの妊婦さんはそのまま自発的に陣痛が続きます。

そして子宮口が開き、分娩・出産の流れに進む。
なのに、またしてもわたしは先に進むことができません

その日も何人もの妊婦さんの出産を励まし、見送りながら、 ちょっとだけ泣いて、眠れない夜を過ごしたのでした。

予定外の帝王切開

翌朝、子宮口は5センチに後戻り。まだまだお腹のなかにいたいらしい娘。

先生からは今帝王切開で産むか、もう少し陣痛促進剤頑張るか、でもどちらにせよ17時になったら帝王切開で出産になるとの説明を受けます。

経膣分娩(下から産むこと)にこだわるのか、帝王切開で産むのか決断のとき…

朝子
朝子
もともとは和痛分娩を希望してたんだよな~。帝王切開、怖いし痛そうだなぁ・・・

そんなふうに頭の中をグルグルさせながら夫と話し合い、もう疲労困憊のわたしは少しでも早く赤ちゃんに会いたい!!と、帝王切開に踏み切ることに。

あれよあれよと進む手術の準備

そうと決まれば早かった。

担当の助産師さんが採血したり血圧測ったり下の毛剃ったり靴下履かせたり、わたしはもうされるがまま。

このとき「あぁ、脱毛で下の毛少なくしててよかったぁ」と思ったことを覚えています。逆に、それ以外何を考えてたのか覚えていません…。

そして、その若くて可愛い担当助産師さんが手術、不安だと思うんで私一緒に入りますね!!ちゃんと最初から最後までいます。赤ちゃんも私に任せてくださいね!と言ってくれました。感涙。

にしても、入院から退院まで、多くの助産師さんに頭の先からシモの世話まで大変お世話になりました!(土下座!!!)

硬膜外麻酔から、手術がスタート

最初は意識を保ちながら下半身の麻酔を効かせるため、硬膜外麻酔をします。
麻酔担当の先生は、女性でとっても優しそうな人です。

わたしは背中に注射針を刺すなんて…!と恐怖のどん底に自分を追いやり、怖い怖いと目をつぶりました。
そばにいた助産師さんにしっかりと手を握ってくれたから、なんとか注射を耐えられたと思っています。重ね重ね感謝!

注射が終わったら、次は背中に麻酔を入れます。
怖くて全身が震え(本当にブルブル震えてた)、また助産師さんたちに手を握って貰ってなんとか耐えます

…気付けば足にアイスノンを当てられても、全く感覚がないほどになっていました。

そして執刀医のこれまた美人で賢そうな先生が切ったりなんだりして(このときはもう痛みはない。子宮をめちゃくちゃ押されてる感じ)、やっとこさ娘が誕生

祝!生誕

産声(うぶごえ)は私に似た低温ボイス。

担当の助産師さんがすぐに娘をキレイにして、わたしと娘のほっぺとほっぺをくっつけてくれました

感動よりも、ほっとしたというのが出産時の感想です。

そしてここから、全身麻酔に切り替え、記憶がなくなります。

帝王切開が終わったあと

夫が娘と対面

わたしが帝王切開の手術を受けている間、夫は手術室の外で一人で待っていました。
待合所に置いてある、「こち亀」を読んでいたみたいです。

術後、夫が「あさちゃん!大丈夫?頑張ったね!!」みたいな感じでそばに来た感じがしましたが、意識が朦朧としていたので定かではありません。

そこからわたしは3時間、ずっと眠っていました

目が覚めると、いつのまにか手術室から病室に移動していたわたし。麻酔と機材で動ません。

病室でわたしが目覚めるのを待っていた夫と話をしていたら、助産師さんが娘を連れてきてくれました。

透明のプラスチックケースのなかにいる娘。
しっかり見るのは、これが初めてです。

すごーく、小さかった

わたしはまだ起きられないので、夫が娘を初抱っこ。抱き方がぎこちない。それでも感じる不思議な気持ち。

新生児の娘

眠くて眠くて仕方ない、可愛くて可愛くて仕方ない

そのあとはなんだか眠くて眠くて仕方がありませんでした。
夫は20時までいると言ってくれたものの、わたしが眠すぎて19時には帰ってもらい、本当に19時半には寝ました。

こうして、わたしの人生最良の日が終わり、翌朝また娘が病室にきてくれました。

わたしはまだ寝たきりだったけど、

一生見ていられる

そんな風に思えるくらい、娘は可愛くて仕方ありません。出産のときの大変さを差し引いても、可愛過ぎる!!!

これから出産する皆さんへ

これで、わたしの出産レポは終わりです。

これから出産の予定がある方は、きっと不安かもしれません。
でも、もう「なるようにしか、ならない」ので、なんとか乗り切って下さい!

ありきたりだけど、産まれてくる赤ちゃんは小さくて、ふにゃふにゃで、死ぬほど可愛いですよ。
そして、赤ちゃんと一緒に新しい毎日を積み上げるのはとってもとっても楽しいです

新生児の赤ちゃん、抱っこできるの羨ましいです。応援してます。

あわせて読みたい
nubo
新生児の育児を振り返って新生児の育児がつらい時の乗り越え方をまとめましたはじめての妊娠・出産、これを乗り越えるだけでも大変なのに、出産してすぐに「育児」が始まります。 育児自体はその後何年にもわたって続...