主婦な自分を楽しむブログ「あさこのゆ」について
モニター

ダブレット教材で成績アップを目指す!RISUなら楽しみながら思考力を伸ばせる

これまで話したことのなかった私のコンプレックス。それは「算数(数学)がまったくできない」ということ。

思えば、小2の分数の計算ですでにつまづいていた記憶が…。
数学的思考・センスがなくて、勉強してもなかなか理解できずに苦手意識ばかりが積み重なっていきました。

数学ができないことで諦めた進路もあります。

今では数学ができないことで困ることはありませんが(自分でそういう進路を選んでいるし)、やっぱり学生時代に数学ができていればもっと道は広がっていたと思うことも確か。

朝子
朝子
別にエリートを目指して欲しいわけではないんですが、娘にはこんな思いして欲しくないんですよね。

そこで、親としてできることは何かないかと思っていたところに、RISUというタブレット教材で早ければ年中の後半から算数を遊びながら学べると知り、善は急げと早速お試しさせていただきました。

本記事はこんな人に向けて書きました
  1. ダブレット教材が気になる
  2. 子どもに算数が得意になって欲しい
  3. 子どもに思考力・応用力を身につけて欲しい

早速、RISUが気になるという方はこちらのボタンからどうぞ。クーポンコード「asa07a」

クーポンコードを入力してRISUを1週間おためししてみる

楽しみながら学べて算数が好きになる!『算数の基礎固め』+『思考力の育成』ができるRISUの特徴

そもそも、ダブレット教材と言えばスマイルゼミくらいしか聞いたことがなくて、RISUの存在自体知りませんでした。
なので、「なんだかRISUは凄いみたいだ・・・!」と聞いても、何が凄いのかもよくわからず。

今回、お試しさせていただく中で、RISUのいいところと気になるところを含めた特徴を知れたので、わたしなりにまとめてみます。

RISUの特徴
  • 年中・年長向けのRISUきっずと小学生向けのRISU算数がある
  • 詰め込み学習ではなく、思考の柔軟性を育めるような内容になっている
  • 東大生らトップ大学生が学習データをもとにメールとレッスン動画でフォローしてくれる

まず、この手の教材は小学校に入学してから始まるものも多いのですが、RISUは年中の後半から小学校入学前まで、RISUきっずという未就学児用の教材も用意しています

タブレットで遊ぶ感覚で数字や算数に慣れ親しみ、小学校入学前に『算数の基礎固め』と『思考力の育成』ができるんです。

私のように最初から数字や算数に苦手意識を持ってしまうとその後何年も引きずることが多いんですよね…。

朝子
朝子
私は34歳になった今でも引きずっているよ…

それを、RISUでまるで遊ぶように学習することで数字や算数に親しめれば、算数が好きな状態で小学校に入学できるかもしれません。算数が苦手で数字が嫌いになってしまった経験をもつ私としてはこの点はとても大きなメリットです。

ちなみに、年中・年長のひらがなにまだ不安が残る子どもでも安心して学習できるように、「問題文の音声読み上げ機能」がついています。

つぎに、RISUのいいところだと思ったのはRISUきっず・RISU算数ともに詰め込み学習ではなく、『思考の柔軟性』が自然に身につくような教材づくりをしているところです。

RISUきっずで身につく能力
  • 筋道をたてて考える「論理的思考力」
  • 物事の本質を導き出す「読解力」
  • 解き方を他問題に活用できる「応用力」

もちろん、数の読み方に加えて足し算や引き算、時計などの算数基礎力を培う問題も多数出題されますよ。

・・・と、RISUにはいいところがたくさんあるのですが、とはいえ自宅で自習するダブレット教材は、せっかく学習しても自分自身で振り返りをしなければならなかったりサポートが不十分だったりするイメージがあり、結局飽きてやらなくなってしまうのではという疑問を持ちました。

でも、RISUには学習データ分析機能がついており、普段RISUのタブレットで学習した内容を独自のシステムで分析してくれるので、自分自身で振り返る必要はないんです。

さらに、そのデータをもとに東大生らトップ大学生がメールやレッスン動画で個別にフォローしてくれます。つまづいてしまったところをピンポイントでサポートしてくれるので「わからない」がそのままになることもないんです。

朝子
朝子
未就学児ならまだしも、小学校に入ってからの算数は親が教えられない可能性もあるので(特に私は算数が苦手)、こういったサポートがあるのはとても安心ですよね。

このように、遊びながら算数基礎力がつき、思考の柔軟性も高められるRISU。料金についても気になります。
RISUきっずとRISU算数では料金体系が若干異なりますので、詳細は公式サイトで確認ください。

RISUきっず・RISU算数の料金を確認する

RISUを実際に試してみた!!感想・レビュー

ここからは、私が実際にRISUを試してみた感想を画像とともにご紹介します。
うちの娘はまだ2歳なので、近い将来利用する可能性の高いRISUきっずをお試ししました。

こちらがRISU本体と充電アダプタ、タッチペンです。

iPadやスマホなどと同じ要領でダブレットを充電したら、左上の電源ボタンをポチ!最初にWi-Fiの設定画面が出てきました。
注)RISUを利用するには無線LAN環境が必要です。

Wi-Fiの設定が終わったら、最初にチュートリアルが始まります。

チュートリアルが終わったここからがスタートです。

一つ一つのステージに合わせて、子どもにもわかりやすいテキストのページと、問題ページが開きます。

問題を解いたら答え合わせ。点数に応じて「がんばりポイント」がたまり、ポイント数に応じてプレゼントがもらえます。

使い終わった後はまた左上の電源ボタンでオフ。機内モードやマナーモードが選べるのも便利ですね。

RISUを実際に使ってみて、画面のアイコンがわかりやすく、迷うことなく次の操作ができる、学習と感じさせずにゲーム感覚で問題を解いていける教材というのが率直な感想です。

何事も素早く習得しちゃう子どもだったら、開けたその日から問題をサクサク解き始めるかも。

朝子
朝子
いい意味で余計な機能がなくシンプルなのが助かります。

そして、問題を解いたら登録してあるメールアドレスに、学習の進捗についてのメールがすぐに送られてきました。

さらに、1回目の学習が終わったところで「せんせいどうが」が配信されたとのお知らせがタブレットに届きました。「せんせいどうが」は右上の赤い印をつけたところから見られます。

ここでは「さいせい」をクリックしましょう。

すると、学習の進捗に合わせた内容の動画を観ることができるんです。

サポートしてくれる先生の顔が見られるのもいいですね。RISUのサポート体制がバッチリなのがよくわかりました。

うちの娘もそうですが、子どもはタブレットでゲームをするのが大好きですよね。テレビゲームやタブレットを離さない!!という子には、代わりにRISUをお試しさせてみたらハマるかも!?

クーポンコードでRISUを1週間おためしできる!!クーポンコードはこちらから

もし少しでもRISUが気になった方は、こちらのクーポンコードの入力で1週間のおためしが可能です。

クーポンコード:asa07a

おためし後、そのまま契約する場合は費用は掛かりませんが、もしおためししてみてやっぱり返品するとなったときは送料・保険料として1,980円が登録したクレジットカードから引き落とされます

限定50人の、人数限定で行っているキャンペーンなので、もし希望する方はお早めに!!

RISUを1週間おためし・詳細ページを見に行く